多岐にわたるシステムエンジニアの将来

システムエンジニアの定年はとても早いと言われています。実際、あまり歳を重ねすぎると体力的に難しいということがよく取り沙汰されており、長時間労働や時間外勤務などが発生した場合に、耐えきれなくなって退職を考えるという人もいます。
もちろんそういう人ばかりではなく、システムエンジニアとしてのキャリアアップを図った結果、技術屋としてではなくマネージャーなどの立場でプロジェクトの管理や運営に関わるという人がいるというのも事実です。そういう人は純粋な技術屋としてのシステムエンジニアとは異なってくるので、言ってみれば定年をしたようなものになるというわけです。

ただ、そうして社内で管理職にまで出世するエンジニアは決して多いとは言えません。それでは管理職にならなかった人はどうするのでしょうか。
前述したように退職して別の道を志すという人、あるいは別の会社に転職して、そこで管理職を目指すという人がいます。みんながみんな管理職を目指すのではないということです。人によっては、あくまで技術屋としてプロジェクトに携わっていたいということもあるでしょう。そういう人は体力的な問題などを解決するために対策をして仕事を続けているものです。
また、管理職にならなくともワークライフバランスを考えたIT技術系の職場がないわけではありません。そういう職場では、必ずしもエンジニアが早い年齢で定年になるというようなことはありません。
このように、システムエンジニアの将来像は様々なパターンが考えられるので、早めに目指す場所を見定めておくと備えるべきものがわかり、迷いや不安を減らすことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です